マウスピース矯正

ホーム > 診療案内 > マウスピース矯正

マウスピース矯正について

マウスピース矯正とは、アライナーと呼ばれる取り外し可能な透明の薄いマウスピース型の装置を装着する治療法です。約2週間に1度交換することにより、徐々に歯を動かしていきます。ほかの矯正装置のように、ワイヤーを使用せず、透明で目立たないので、付けているのがほとんどわかりません。矯正治療はしたいけれど見た目が気になるという方に適した治療法です。また、取り外し式なので、装置にプラークが沈着することがなく、歯や歯周組織を健康に保つことができます。さらに、歯ブラシで簡単に洗浄することができるので衛生的です。

マウスピース矯正のメリット

  • 装置が透明なので目立たない
  • 取り外して洗えるので衛生的
  • 装着時の不快感・違和感・痛みが少ない
  • プラスチック製なので金属アレルギーの方でも安心

アクセルデント

アクセルデントとは

「アクセルデント」は、歯に微弱な振動を与えて歯の移動を速める装置です。
アメリカのオーソアクセル・テクノロジーズ社が開発したもので、FDA(米国食品医薬品局=日本の厚生労働省にあたる公的機関)でも承認されています。
この装置を口にくわえることで、歯の周辺組織に微弱な振動が伝わるようになっており、1日20分ほど使用することで歯の移動を速めることができます。また、痛みや出血がないので安心してお使いいただけます。

「振動」で歯の移動を速められる理由

歯は骨に支えられていますが、骨に密着しているわけではなく、骨との間にある歯根膜という組織を介して骨にくっついています。矯正治療を開始して歯に力がかかると、歯根膜が一方に圧迫され反対側は引き伸ばされます。圧迫された側では骨が吸収され、引き伸ばされた方では骨が造られ、それにより歯が動く仕組みになっています。ところが、歯根膜は圧迫されても簡単に再生し、再び歯と骨にくっつく性質をもっています。それでは歯がなかなか移動しません。
そこで考案されたのが、アクセルデントです。歯に振動を与えて力をかけ、歯根膜が歯にくっつかない状態にすれば歯が動きやすくなり、治療を早く終わらせられるというわけです。
通常、インビザラインのアライナー(マウスピース)は2週間に1回、次の段階のものに交換しますが、アクセルデントを使用することで、5~7日に1回と早く交換できるようになり、全体的な治療期間の短縮につながります。

オーソパルス

オーソパルスとは

「OrthoPulse」(オーソパルス)は、「光加速矯正治療」を可能にする画期的な装置です。カナダのバイオラックス・リサーチ社が開発したもので、2015年にFDA(米国食品医薬品局=日本の厚生労働省にあたる公的機関)に承認されました。
この装置は、シリコンにLEDが埋め込まれたつくりになっており、口にくわえることで、歯の周辺組織に光(近赤外線)を均一に照射できるようになっています。上顎・下顎それぞれ5分ずつ、1日計10分使用することで歯の移動を速めることができます。鎮痛や抗炎症にも効果があるので、歯の移動にともなう痛みも軽減できます。
また、インビザラインを装着したまま使用でき、痛みや出血もないので安心してお使いいただけます。

「光」で歯の移動を速められる理由

光を照射すると歯の移動を速められる理由は、細胞に光を当てると内部のミトコンドリアが反応し、エネルギーが活性化するという働きがあるからです。
矯正は、骨や組織に力をかけて行なう治療なので、細胞の働きが一時的に弱った状態になります。そこに光を当てることで細胞のエネルギーが強くなり、組織修復・創傷治癒を促進しようと活性化することで、歯の移動を速めるのです。
実際、治療期間を最大66%短縮できるという研究結果が確認されており、通常約3年かかる治療を、約1年で終了できる場合もあります。

装置の種類

インビザライン

インビザラインは、患者さん一人ひとりのために、治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置です。3次元シミュレーションソフトを使い、初めにまとめて最終段階の型まで作りますので、マウスピース矯正の中でも治療が早く済みます。

クリアアライナー

装置の見た目は、インビザラインとほぼ同じです。クリアアライナーは、奥歯の矯正治療や抜歯治療は適応外となっており、軽度な歯のでこぼこや前歯の間の隙間の治療に適しています。矯正の進行に応じて段階的にオーダーメイドの型を変えていきますが、クリアアライナーの場合は、毎回歯型をとって装置を作ります。

アソアライナー

アソアライナーとは、透明で薄く審美的に優れたマウスピース型の可撤式矯正装置です。材料の弾性利用し必要な矯正力を必要な部位に伝えることで歯を移動させる仕組みです。

マウスピース矯正の料金

項目・内容 価格(税抜)
相談料
セカンドオピニオン
検査料 25,000円
診断料 25,000円
マウスピース(インビザライン、クリアアライナー) 上下顎の矯正 800,000~1,100,000円
部分矯正 150,000~350,000円
  • ※相談料・セカンドオピニオンの料金はいただきません。