ドクターブログ

ホーム > ドクターブログ > Quiz and anser 2015 Vol.11/No.1

ドクターブログ

Quiz and anser 2015 Vol.11/No.1 2015年11月23日

子どもの受け口(反対咬合)の矯正治療はいつからできるの?

1.  3才くらいからできる

2.  中学生から

3.  大人になってから

HU147_72A

基本的に矯正治療の通院はどのくらいの頻度?

1.  毎日通う

2.  週に一回

3.  月に一度

HU168_72A

20〜30年前の矯正治療と違い、小児矯正に使用できる装置が多く開発され、現在では3才くらいから矯正治療を開始できるようになりました。

基本的に矯正治療の通院は、虫歯治療と違い、月に一度の通院になります。それは歯の移動量が矯正力の大きさに比例せず、月に約1ミリくらいしか歯を動かすことができないからです。

矯正治療をする前の検査結果によって、カリエスリスクや歯周病のリスクが高い患者さんは通院頻度が多くなります。一人ひとりの歯並びの状態に合わせて、最適な矯正治療プランにしています。

HU105_72A

どうぞお気軽にご相談ください。

03-6804-0690

 

世田谷区三軒茶屋矯正歯科クリニック 中村

SNSでシェアしよう!

よく読まれている記事