ドクターブログ

ホーム > ドクターブログ > Dental Floss 2014 Vol.9/No.1

ドクターブログ

Dental Floss 2014 Vol.9/No.1 2014年09月18日

デンタルフロスの必要性について

 

こんばんはー、三軒茶屋矯正歯科クリニックの中村です。いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます(^^)

 

みなさんは、歯を磨く時に歯ブラシ以外で、なにかを使っていますか??

 

矯正治療をしていると、歯並びがだんだん良くなってきます。そうすると、今まで歯磨きがきちんとでき

なかった歯と歯の間に、虫歯がよく発見されます。

日頃、歯の間が虫歯にならないように、デンタルフロスが必要です。

 

種類がいっぱいで、迷っちゃうときありませんか?

デンタルフロス1

 

大きく二つに分類されると、ワックスタイプノンワックスタイプが市販されています。

ワックスタイプでは、ワックスの成分によって滑りが良く、歯の間に入れやすく掃除もしやすいです。

ノンワックスタイプでは、入れにくいのですが、慣れれば大丈夫です(^^)

 

では、どっちがオススメでしょうか?????

 

 

 

ジャーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!

デンタルフロス2

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こちらです

フロス3

個人的にオススメというより、実際に使っているものです〜(^^)v

ノンワックスタイプの6本糸既製品です。

臨床では、ノンワックスタイプの糸がひっかかったり、切れたりする場合は虫歯の診断にも応用されています。今から自分で自分の虫歯をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

フロスを使いすぎると、歯茎が逆に下がりやすいので、一度専門家にご相談くださいm(_ _)m

 

世田谷区三軒茶屋矯正歯科クリニック 中村

SNSでシェアしよう!

よく読まれている記事