ドクターブログ

ホーム > ドクターブログ > Whitening 2014 Vol.7/No.1

ドクターブログ

Whitening 2014 Vol.7/No.1 2014年07月03日

 

歯のホワイトニングについて

 

ホワイトニングをする前に、まず歯の黄ばんだ原因を知ることが大切である。

嗜好物(コーヒー、紅茶、タバコのヤニなど)によって、もちろん歯の着色はしますが、年を重ねることにより、歯の表面(エナメル質)が薄くなったり、歯の中(象牙質)がより黄色くなります。また唾液中のカルシウムやリンなどが歯の表面に入り込んで、さらに色がつきやすくなります。

原因を知ることで適切な対応が必要になります。ホワイトニングは「健全なエナメル質」が対象となります。痛みが出ないように、歯の亀裂、虫歯、歯のすり減り、知覚過敏などの場所に対して必ず保護することが最も重要である。

当クリニックでは、今話題の第四世代ポリリン酸プラチナホワイトニングで、歯の奥深く入り込んだ汚れを確実に落とし、その後ビヨンドホワイトニングでさらなる白さをご提供いたします。

HW002_72AHW088_72A

どうぞお気軽にご連絡ください。

03-6804-0690

専門家から見た本当にいいものをお届けいたします。

世田谷区三軒茶屋矯正歯科クリニック 中村

SNSでシェアしよう!

よく読まれている記事