ドクターブログ

ホーム > ドクターブログ > pH 2014 Vol.5/No.2

ドクターブログ

pH 2014 Vol.5/No.2 2014年05月14日

お酒のpH値と歯磨きのタイミングについて

 

歯は、外部から厚さ1〜2mm半透明エナメル質、薄い黄色の象牙質と神経の三層構造からなります。

pHが5.5以下になるとエナメル質が溶け出します。

pHが低い順でコーラ(2.2)<梅酒(2.9)<赤ワイン(3.4)<ビール(4.3)<日本酒(4.9)<お水(7.0)

飲んだ直後に歯を磨くと、逆に歯の表面が削れやすい状態になります。

エナメル質が減ると、歯の色も徐々に黄ばんでいきます。

お水で少し口の中を中和させて、30分後くらいの歯磨きがおすすめです。

HW031_72AHW045_72A

当クリニックでは、エイジングケアと正しい生活習慣をお手伝いいたします。

三軒茶屋矯正歯科クリニック 中村

SNSでシェアしよう!

よく読まれている記事